危機感はあるが行動に移せていない――情報漏えいが不安でも対策できていない日本の消費者 ノートンライフロックが調査結果を発表

 株式会社ノートンライフロックは31日、「ノートンライフロックサイバーセーフティインサイトレポート2019」を公開した。個人情報漏えいに対する意識と行動について、日本(1002人)を含む10カ国1万63人の消費者を対象に、調査会社であるThe Harris Pollがオンライン調査を実施したもの。調査期間は2019年11月5日~12月2日。
Source: itNews

コメント