コロナ禍で通報増加、悪質なショッピングサイトの被害。コピー品が出回り正規メーカーに苦情が殺到するケースも【騙されないように注意!】

 悪質なショッピング詐欺の被害が拡大しています。日本サイバー犯罪対策センター(JC3)の調査によると、2022年上半期にセーファーインターネット協会からJC3へ共有された悪質なショッピングサイトなどの通報件数は1万2830件で、前年同期の6696件と比べて約91.6%増加しました。通報件数が増加した背景として、JC3では新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりインターネットの利用が増えたことなどを挙げています。
Source: itNews

コメント