2022年(令和4年分)年末調整の書き方 ~詳しい記入例と時短方法を伝授~ 3枚の申告書の記入例と「給与所得者の基礎控除申告書 兼 配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」の記入手順

 今年もサラリーマンの秋~年末の風物詩、「年末調整」がやってきた。読者のお手元には生命保険会社から保険料控除の証明書が届いているだろう。年末調整の期間は長く、お勤めの会社によって、早い人は10月下旬、最も多いのが11月中旬、遅めの人は12月上旬と1カ月半ほど差がある。インターネットの検索件数を見ると、10月最終週から増え始め、11月第2週がピーク、12月下旬まで長い山が形成されている。検索するタイミングが申告書を配布されたときなのか、提出期限が迫ったときなのかは不明。読者の中には転職したら年末調整が1カ月も早くて(遅くて)驚かれた人もいるだろう。一般的に社員数の多い会社は早め、少ない会社は遅めとなるが、大企業は社内システムに年末調整が組み込まれ、手書き不要、前年のデータも引き継げるので楽になったという声も多い。
Source: itNews

コメント