暖かい春の影響

ITニュース

Credit: Maya Karkalicheva / Moment / Getty Images

気候変動によって植物の生物季節のサイクルが変化し、春の始まりが早くなって秋の終わりが遅くなることにより、北方生態系の生育期間が長くなっている。さらに、より温暖で早く始まる春が生育期後半の植物生産力に及ぼす時間遅れの影響を示す証拠がいくつか存在する。しかし、そうした時間遅れの影響の方向性と地理的分布は、まだほとんど調べられていない。今回W Buermannたちは、北方生態系全域にわたって温暖な春に対する時間遅れを伴う生産力の応答が広範囲に見られ、その特徴が地域によってさまざまであり、好影響よりも悪影響の面積の割合が大きいことを見いだしている。時間遅れの影響の地理的分布と方向性の大半は、標高と降水の季節パターンによって決定されることが分かった。今回の結果は、北方の生態系は主に温度と太陽放射に制約されていると考えられるにもかかわらず、多くの北方生態系では、より温暖な春が生育期の生態系生産力に及ぼす好影響の大半が、季節的な水不足の積み重ねによって減少することを示唆している。

Nature562, 7725

2018年10月4日

原著論文:

Widespread seasonal compensation effects of spring warming on northern plant productivity

doi: 10.1038/s41586-018-0555-7

【関連記事】

マルハナバチに対するスルホキシイミン系農薬の亜致死性の影響

Nature561, 7721 2018年9月6日

全球の土壌マイクロバイオーム

Nature560, 7717 2018年8月9日

森の糧

Nature555, 7696 2018年3月15日

魚類の相互作用と生態系の安定性

Nature554, 7692 2018年2月15日

保全のコスト

Nature551, 7680 2017年11月16日

Nature 個人購読について

Source: ITニュース