近年のDNSはプロトコル拡張が活発すぎる!? 現時点で意識しておくべきリソースレコードとは【DNS Summer Day 2022】

 近年のDNS(ドメインネームシステム)では、リソースレコード(RR)の追加を含むプロトコルの拡張が活発に行われており、その全貌を正しく知ることは容易ではない。そして、そのようなDNSの変化を知らずに企業・組織がドメイン名を使用し続けることにはリスクが伴うという。また、ドメイン名をめぐるリスクとしては、廃止したつもりのドメイン名が悪用される「ドロップキャッチ」「パーキング」といった問題もあり、ドメイン名のライフサイクルマネジメント(LCM)の重要性が指摘されるようになった。
Source: itNews

コメント