あなたの住民税、なぜその金額? 計算方法と通知書の見方を徹底解説【2021年(令和3年)版】 税制改正して最初の住民税が全て分かる! サクッと計算できる「シミュレーションツール」も紹介

 6月は住民税の季節。会社勤めのサラリーマンは6月の給与明細と一緒に住民税の通知書・明細書を受け取るはずだ。個人事業主は5月下旬から6月上旬に郵送され手元に届いているだろう。令和2年に所得税の税制改正が行われたため、住民税も令和3年分から基礎控除などの税制改正が反映され、昨年までと異なる計算で税額が算出されている。受け取った通知書・明細書はお住まいの市区町村や、会社員か自営業かにより少し名称は異なるようで、筆者(個人事業主)が住民票を置く愛知県名古屋市は「令和3年 市民税・県民税 課税明細書」、INTERNET Watch編集部の人(会社員=給与所得者)が住む東京都町田市は「令和3年 給与所得等に係る市民税・都民税 特別徴収税額の決定通知書」と書かれている。
Source: itNews

コメント