コインチェックが振り返る、「ドメイン名ハイジャック」発生時のあの日のインシデント対応【JPAAWG 3rd General Meeting】

 仮想通貨取引所「Coincheck」を運営するコインチェック株式会社の喜屋武慶大氏(サイバーセキュリティ推進部長)は、同社が6月にドメイン名ハイジャックの被害に遭った際のインシデント対応について、11月11日・12日に行われたイベント「JPAAWG 3rd General Meeting」の一部セッションにて、解説を行った。同氏はセキュリティ監視業務の設計、実装、運用とサービス部門のレビューを主な業務としている。
Source: itNews

コメント