Snapchat、保護者が子どものフレンド一覧とコミュニケーションの状況を確認できるツール「ファミリーセンター」提供開始 

 Snap日本支社は、写真・動画共有コミュニケーションアプリ「Snapchat」において、13歳~18歳の子ども(ティーン)のSnapchatを保護者が確認できるツール「ファミリーセンター」の提供を日本市場で開始した。ティーンが誰とフレンドになっているか、誰とコミュニケーションをしているのか把握できるというもので、フレンド間のプライベートな会話は確認できないようになっている。
Source: itNews

コメント