「首里城」3Dモデルで復元、朝日新聞社の空撮写真をもとに「フォトグラメトリ」手法で【地図ウォッチ】

 2019年10月に火災で主要な建物が焼失した首里城。一刻も早い再建が待たれる中、これまで撮影された写真などをもとに3Dモデルで復元しようという動きが出てきている。過去に首里城を訪れた多くの人から幅広く写真を募集する「みんなの首里城デジタル復元プロジェクト」などが知られているが、これとは別に、朝日新聞社が保有する最新の空撮写真から3Dモデルを復元するプロジェクトがスタートした。古生物学者の芝原暁彦博士が立ち上げたベンチャーである地球科学可視化技術研究所株式会社(地球技研)が進めているプロジェクトで、今回、同プロジェクトで復元された3Dモデルのプロトタイプを公開するイベントが、東京・赤坂の地図バー「M」にて開催された。
Source: itNews

コメント