「e-Taxで確定申告」はもう難しくない! 「青色申告ソフトから直接送信」が便利だった e-Taxなら「プラス10万円の特別控除で節税」が可能、2020年分へ向けて今から準備を始めよう

 2020年、大幅な税制改正が行われ、サラリーマンだけでなく個人事業主を取り巻く税の仕組みも変更された。2019年分(2020年2~3月確定申告分)までは、確定申告書は郵送しても、税務署に持参しても、e-Taxで電子申告しても、「青色申告特別控除」の額は65万円だった。これが2020年からの税制改正で、e-Tax以外の提出方式では55万円、e-Taxで提出すると65万円となり、控除額に差が付けられた。これまで“e-Taxスルー”をしてきた筆者は重い腰を上げ、来年(2021年2~3月申告分)の確定申告に向けて一足早くマイナンバーカードを取得。e-Taxで確定申告をしてみた。
Source: itNews

コメント