富士通、光伝送装置へ水冷システム導入。光1波あたり1.2Tbpsの大容量伝送と低消費電力を両立、CO2排出量を70%削減 

 富士通株式会社は9月14日、光1波あたり1.2Tbpsの大容量伝送が可能なデジタルコヒーレント光伝送技術の開発に成功し、実際の光伝送装置として通信が可能なことを確認したと発表した。同技術を適用した光伝送装置を2023年度上期中に製品化する予定。
Source: itNews

コメント