小型高性能な「おうちHCI」で、仮想マシンを使い捨て感覚で次々デプロイ【イニシャルB】

 「テスト用に、しばらくの間、仮想マシンを常時稼働させておきたい……」。このような場合、クラウドに仮想マシンを用意するのが一般的だろう。ただし、使い方によっては毎月のコストが重荷になってくることがある。そこで用意したのが「Nutanix Community Edition」だ。今回は、ASRockの小型ベアボーン「DeskMini 310」を利用し、6コア32GB環境のHCI(Hyper Converged Infrastructure)を稼働させてみた。
Source: itNews

コメント