自分の死後を想定して「デジタル遺品」を整理したことがあるのは2.6%、年代別では20代が最多~MMD研究所調べ 

 MMD研究所は、「デジタル遺品」に関する調査の結果を公開した。自身の死後を想定して、データの整理や不要なアカウントの解約などの「デジタル遺品整理」を行ったことがある人は全体の2.6%だった。
Source: itNews

コメント