「Google 翻訳」の正規URLから誘導する不審なメールに注意、誘導先で個人情報やカード情報を詐取 誘導先はAmazonやクレジットカードブランドなどをかたるフィッシングサイト

 「Google 翻訳」の正規URLからAmazonやクレジットカードブランドなどをかたるフィッシングサイトへ誘導するフィッシングの報告が増えているとして、フィッシング対策協議会が情報を公開した。同サイトは8月9日17時時点で稼働中であるため、引き続き注意が必要だ。
Source: itNews

コメント