【パズドラ攻略】超転生ラー 評価・考察・使い方

ITニュース

この記事は、「超転生ラー」の評価記事です。
ステータス詳細やリーダー・サブとして使用する場合、参考にして下さい。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

超転生ラー 評価


目次
ステータス詳細 リーダー評価 サブ評価
おすすめの潜在覚醒 おすすめの覚醒バッジ 総合評価
最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

ステータス詳細

超転生ラー

属性 副属性 タイプ コスト
神/悪魔/体力 55
HP 攻撃 回復
最大Lv99 6,107 2,908 26
各+99 7,097 3,403 323
限界突破 7,023 3,344 30
各+99 8,013 3,839 327


スキル「サンバーストナックル」 Lv.最大
敵全体に77777の固定ダメージ。1ターンの間、ドロップ操作時間を3秒延長。 7ターン
リーダースキル「太陽神の真魂」
5色同時攻撃で攻撃力が7倍、1コンボ加算。6コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が3倍。
覚醒スキル
バインド耐性 バインド耐性 封印耐性 スキルブースト スキルブースト
チームHP強化 チームHP強化 askill_61 ガードブレイク
付けられる潜在キラー
神キラー 悪魔キラー マシンキラー 回復キラー
付けられる超覚醒スキル
スキルブースト コンボ強化 askill_60-1 チームHP強化 ダンジョンボーナス

リーダー評価

適性 LS系統 攻撃倍率・軽減・コンボ加算

想像以上に安定感のあるリーダー

超転生ラーはコンボ加算を持つ上、最大『21倍』の攻撃倍率を持つため非常に高い火力を誇ります。軽減も6コンボ以上で発動できるため、発動し損ねる場面は非常に少なめ。耐久面こそ軽減しかありませんが、自身の覚醒スキルにチームHP強化を2個持っているため、想像以上に安定感のあるリーダーと言えるでしょう。

倍率条件は厳しめ

軽減こそ手軽に発動できる超転生ラーですが、倍率の条件は5色同時攻撃と厳しめ。基本的には6コンボ以上を組み軽減を発動、耐久して盤面が整い次第攻めるという流れ。もし少しでも素早く攻略を進めたいのならば陣は必須になります。ただし、自身のスキルが陣ではないことから、サブでしっかりと陣を補う必要があるでしょう。

サブ評価

適性 スキル系統 操作延長・固定ダメージ

全てを底上げする覚醒

超転生ラーは覚醒スキルにチームHP強化2個・超コンボ強化・ガードブレイクを持ちます。元々のステータスも高いため、編成するだけで大幅にパーティの強さを底上げ。パーティの動きやすさをアップしてくれます。超コンボ強化を活かすために7×6リーダーと組み合わせても、総合ステータスを落とさず支えてくれるのも嬉しいポイント。

スキルは使い所が薄い

超転生ラーのスキルは固定ダメージ+操作延長と扱いやすいスキルではあります。しかし、自身がガードブレイクを持っていることから、固定ダメージの必要性はポチポチ編成以外では薄め。操作延長も人を選ぶことから、決して使い所の多いスキル、とは言えないものとなっています。

おすすめの潜在覚醒

潜在 オススメの理由
スキル遅延耐性 アシスト・ポチポチ目的なら遅延対策しておきたい
HP強化 リーダー運用時の耐久力を伸ばせる
神キラー 耐久力に問題がなければ火力を伸ばせるキラー

おすすめの超覚醒

順位 潜在 オススメの理由
1 コンボ強化 超コンボ強化と合わせて火力要員に
2 チームHP強化 さらにパーティを支える存在へ
3 スキルブースト ポチポチ要員としてさらに活躍
4 ダンジョンボーナス 周回時にはより輝きを魅せることも
5 askill_60-1 自身のスキル・リーダースキルともに扱いづらい

おすすめの覚醒バッジ

超転生ラーは耐久する場面が多くなるリーダー。そのため、「HPバッジ」「回復バッジ」で耐久力を補助してあげましょう。
また、パズル難易度が高い反面、操作延長を持っていません。操作時間が不安ならば「操作延長バッジ」をつけるのもあり。

覚醒バッジ一覧
HP 回復 操作時間延長

総合評価

いずれもまずまずの活躍

超転生ラーはリーダー・サブ・アシスト、いずれで使っても十分活躍できる性能となっています。ただし、いずれで運用してもスキル・リーダースキルともに扱いづらさが残るのが痛いところ。扱うには難しいですが、使いこなすことができれば頼もしい1体となってくれるでしょう。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 119.4 MB
・バージョン: 4.1.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

Source: スマホ