ZOZO前澤友作社長の偽アカウントに注意! 詐欺に騙されないためには?

ITニュース

株式会社ZOZOの前澤友作社長が100名に100万円を配るプレゼント企画に便乗して、偽アカウントが大量に出現しています。注意してください。

前澤社長が100名に100万円プレゼント!

1月5日、株式会社ZOZOの前澤友作社長がリツイートした人のなかから、抽選で100名に100万円をプレゼントするという太っ腹な企画を実施しました。

100万円貰えるかもしれないというこのツイートはあっという間に拡散され、560万RTと世界記録を更新しました。

しかし、この企画に便乗するかたちで偽アカウントがいくつも出現しています。

偽アカウントに騙されるとどうなる?

偽アカウントの目的は主に2つです。

1つはフォロワーの獲得。もう1つはお金をだまし取る詐欺です。

フォロワーの獲得とは?

フォロワーの獲得とは、偽アカウントでもプレゼント企画をやっているように見せかけて多くの人にフォローして貰う行為です。

しばらく経ったあとに名前とTwitterIDを変更することにより、たくさんのフォロワー数を抱えたTwitterアカウントを作ることができます。

この作ったTwitterアカウントから広告をツイートしてお金を稼いだり、詐欺に誘導したりすることが目的です。偽アカウントをフォローしていても何も良いことはありません。

お金をだまし取る詐欺とは?

いろいろな詐欺行為が考えられますが、一番考えられるのは「100万円プレゼントに当選したので手数料として数万円振り込んでください」というものです。

手数料ではなく「身元確認のため」や「口座の確認のため」など様々な理由をつけてくると思いますが、お金を払ってはいけません。

お金を払っても100万円はもらえない詐欺だからです。

本物と偽物を見分ける方法は?

前澤友作社長本人のアカウントかどうかを見分ける方法はいくつかありますが、わかりやすいものを2つ紹介します。

1.本物は認証バッジがある

本物の前澤友作社長のTwitterアカウントには、青いマークの認証バッジがついています。


この認証バッジはTwitter運営による「この人は本人ですよ」というマークのため、本人で間違いありません。

このマークがついていれば、本物の前澤友作社長です。

2.フォロワー数が数百万人以上

もうひとつはフォロワー数です。


前澤友作社長は今回のプレゼント企画の結果、フォロワー数が600万人を超えました(記事執筆時点)。

これからフォロワー数の増減があるとは思いますが、フォロワー数が数百万人を超えていればこれも間違いなく本物でしょう。このフォロワー数を超える詐欺アカウントはまずありません。

最初に認証バッジがあるか確認する、次にフォロワー数も見ることで本物なのか偽物なのか見分けることができますよ。

なお、すでに当選者の方へのDM送信はおわっているため、今後「追加抽選で当選しました」といったDMがきても、まず本物かどうか確認することをおすすめします。


Twitter ・販売元: Twitter, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ニュース
・容量: 185.9 MB
・バージョン: 7.39
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Twitter, Inc.
※画像は「@yousuck2020」よりキャプチャ

Source: スマホ