【ポケモンGO】ブラジルでサファリゾーンイベント開催! 日本では何が起こる?

ITニュース

ポケモンGO(Pokémon GO)』のリアルイベント「Safari Zone at Porto Alegre(ポルトアレグレ)」の開催が発表されました。

サファリゾーンといえば、2018年に世界中で開催された「Safari Zone Dortmund(ドルトムンド)」「Safari Zone Chicago(シカゴ)」「Safari Zone in Yokosuka(横須賀)」「Safari Zone in Tainan(台南)」が記憶に新しいですよね!

ポルトアレグレはブラジルにある港町で、観光客にも人気な素敵な街。

そんな街でどんなイベントが開催されるのでしょうか。そして日本のトレーナーの皆さんが気になっているのは、「ポルトアレグレでイベントが開催している間、日本でも何かイベントがあるのか?」というところだと思います。

今回の記事では、「ポルトアレグレでどんなイベントが開催されるのか?」と「日本でどんなイベントが開催されそうか?」の筆者的予想を紹介します。(文:えだまめ)

※この記事は筆者予想なので、正確ではない情報が含まれている可能性があります。参考程度にご覧ください。

「Safari Zone at Porto Alegre」の概要


期間:1月25日~1月27日

詳細はまだ発表されていませんが、公式サイトの画像を参照すると、

  • 第4世代御三家(ヒコザル、ナエトル、ポッチャマ)の大量発生
  • コダックの大量発生
  • タツベイの大量発生
  • ジーランスの大量発生

この辺りは可能性が高いと思われます。

なお、毎回サファリゾーンイベントが開催されると「特別なポケストップ」が期間限定で設置されているので、今回もありそうですね。


アンノーンも出現か?

過去のサファリゾーンイベントでは、開催地の地名にちなんだアンノーンが出現することが通例。


今回は「Porto Alegre」なので、「P」「O」「R」「T」「A」「L」「E」「G」型のアンノーンが出現する可能性が非常に高いです。

コダックの色違いが日本でも出現?

前回開催された「Safari Zone at Tainan(台南)」では、カイロスの色違いが世界中で実装され、カイロス自体の出現率もかなり上がっていました。



今回の公式画像にはコダックが描かれているので、おそらくコダックの色違いが世界中で出現し、出現率も大幅に上昇するのではと予想されます。

ジーランス交換がしやすくなる?


今回のサファリゾーンはブラジルでの開催なので、正直日本から遠征して参加するトレーナーさんは少ないと思います。

しかし、中にはブラジルまで行って参加するトレーナーさんもいらっしゃいますし、日本に旅行にきた外国人トレーナーさんがジーランスを所持している可能性が、イベント後は今より上がります。

勇気を出して街で見かけたトレーナーさんに交換を持ちかければ、ジーランスをゲットできちゃうかもしれませんよ(笑)!


Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 285.7 MB
・バージョン: 1.99.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2016-2018 Niantic, Inc. © 2016-2018 Pokémon. © 1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

ポケモンGOの攻略まとめはコチラ!

ポケモンGOの「最新ニュース」や「最強ランキング」、「攻略情報」をまとめてチェックできるページです!必ずブックマークしておこう。
ポケモンGO攻略・最新情報まとめ

Source: スマホ