ナビタイム、GTFS-JP/GTFSリアルタイムに対応した「遅延証明書発行システム」提供開始 標準的なバス情報フォーマットを利用、短期間・低コストで実装可能

 株式会社ナビタイムジャパンは9月26日、「鉄道・バス事業者向けソリューション」において、「GTFS-JP」および「GTFSリアルタイム」に対応した「遅延証明書発行システム」をバス事業者向けに提供開始した。
Source: itNews

コメント