脆弱性対応を「攻撃可能性」の観点で優先順位付けした場合はどうなる?【海外セキュリティ】

 日々大量に公開される脆弱性への対応に適切な優先順位付けをしたいと考えているセキュリティ担当者はとても多いのではないかと思います。そのような中、米セキュリティ企業ShiftLeftは、「攻撃可能性(attackability)」の観点で優先順位付けをすべきであるとする調査報告書「2022 AppSec Shift Left Progress Report」を公開しました。これは2021年5月1日から2022年4月20日までの約1年間のデータを調査分析したものです。
Source: itNews

コメント