早稲田・慶應の大学図書館、和書の電子化を推進するプロジェクト。紀伊國屋書店・出版社らと共同で 

 早稲田大学図書館と慶應義塾大学メディアセンターは、紀伊國屋書店と共同で、岩波書店、講談社、光文社、裳華房、日本評論社が保有するコンテンツの電子書籍を貸し出す実験的プロジェクトを開始した。10月1日から約1年半の期間限定で、各出版社が合計で約1200点の電子書籍を提供する。
Source: itNews

コメント