10年かけて「海の地図」整備へ。日本の“浅海域”を航空レーザー測深で詳細な地形図にするプロジェクトが始動~海岸線3万2000kmを測量する計

 総延長が約3万5000kmにも及ぶ日本の海岸線。その海岸に続く“浅海域”と呼ばれる水深0~20mのエリアを航空測量し、地図化する「海の地図PROJECT」がスタートした。実施するのは公益財団法人日本財団と一般財団法人日本水路協会。今後10年で日本の総海岸線の約90%の整備を目指しており、予算規模は200億円を予定している。
Source: itNews

コメント