「CVEのデータだけに頼った脆弱性管理」では不十分【海外セキュリティ】

 2020年第1四半期に公になった脆弱性についてまとめた報告書が、米セキュリティ企業のRisk Based Securityから「2020 Q1 Report Vulnerability QuickView」として公開されました。報告書によれば、2020年第1四半期に公開された脆弱性の数は4968件で、1年前の2019年第1四半期の6198件から約19.8%の減少となっています。
Source: itNews

コメント