文字や画像にリンク

ホームページ作成教室, 文字編集

こんにちは。
当サイト代表の鈴木勲です。

今回はリンクの作り方です。

「詳細はこちら・お申込みはこちら」

など文字で他ページへ飛ばす時や

「相互リンクで他社バナーを貼り付けクリックで他社ページへ」
「商品画像クリックで商品ページへ」

など画像を使用する場合によく使います。

これはHPトップの上部やサイドに設置するメニューにも使います。

 

HTMLの書き方は

<a href=”リンク先URL” target=”_blank”>ここに文字</a>

タグの間に文字を記述すると、その文字をクリックしたときに、
「リンク先URL」にジャンプすることができます。
後ろの 「target=”_blank”」は新しいウィンドウでページを開くという指定。

必ず元のページに戻ってもらいたい場合はこの指定は使用しない方がいいです。
またHPのメニュー等では使わないようにしましょう。

画像の場合は

<a href=”リンク先URL”><img src=”指定画像” ></a>

指定画像とは作った画像をHPのファイルのどこに入れておいたのかによって変わります。

説明が難しいですがHP構成データの中には
HTMLデータやスタイルシートデータ、画像データなどがあります。

大抵の場合は画像をやスタイルシートをフォルダの中に入れて管理します。
(例えば画像なら「images」スタイルシートなら「css」ファイルなど)
ですのでそのフォルダを指定する記述が必要となります。
さあどうやってでしょう。

その後説明はまた今度に致します。

 

ヒントは現在観覧中のページの上。

アドレスが/で区切られてますね。実はこれはファイルの場所を表してますよ